嗜好品2

“多少違いのわかる男” どなべです。

以前、ブルックスのコーヒーを通販にて購入したんですが、
ストックが底をついてきたので手配しました。

今回のご注文は、



IXY DIGITAL L

“ドトール ドリップコーヒー オリジナルブレンド”

生協の通販で50袋入りで¥2kほどと、
以前購入したブルックスコーヒーよりは割高になっています。

でも、このコーヒーには ↓のオリジナルカップが付属いるんですよねぇ。

IXY DIGITAL L

まぁ、このオリジナルカップで値段が誤魔化されている気もしますが、
嫁さんに買って頂いたのでOKとします。

早速、オリジナルカップにセットしてみます。

IXY DIGITAL L

カップへのセット方法はブルックスよりしっかりしています。
(ちょっとわかり難かったですが・・・。)

そして、注湯。

IXY DIGITAL L

ん~、なかなか良い感じです。

オリジナルカップが・・・。

コーヒーの味も悪くはないですが、
どなべ的にはブルックスコーヒーの方が好みですねぇ。

チタン製のオリジナルマグカップ付のコーヒーなんてあれば最高なんですけどねぇ。

できれば、スノーピーク製でキャンプにも使えるやつがあれば・・・。


スポンサーサイト

支那そば 山岸家

ラーメンは食堂系のシンプルな物が好みの どなべです。

そんな、どなべですが、
先日、“支那そば 山岸家”へ初訪です。

IXY DIGITAL L

とりあえず、メニューでも・・・。

IXY DIGITAL L

まぁ、普段は食堂系に通う どなべにとって、
値段が高めの設定ですが、
ベーシックかと思われる“塩らーめん”をオーダー。

待っている間に子供の器が運ばれてきました。

IXY DIGITAL L

先割れスプーンが良い感じです。
(ラーメンを食べるのにはNGかと思われますが・・・。)

まずは、嫁さんがオーダーのしょうゆらーめん¥720。

IXY DIGITAL L

店内の照明が電球色なんで、
写真の色合いがイマイチですが、
スープは黒っぽいです。

郡山系のラーメンを思わせる感じです。

そして、どなべの塩らーめん¥720。

IXY DIGITAL L

まずは、スープを一口・・・。

なかなか良い感じですが、
どなべには少ししょっぱい(塩辛い)ですねぇ。

熱々の時に食べてこの味ですから、
スープが冷めると結構しょっぱく感じるかと・・・。

麺や各具材も良い感じです。

まぁ、久しぶりに個性的なラーメンを食べましたが、
ラーメンの評価ってのは難しいですね。

オリジナル性を強くすれば、
人によって好き嫌いの分かれる味になってしまうし、
万人向けの味にすれば店の特徴が無くなってしまうし・・・。

店の経営者側からすれば、
個性派ラーメンにして他店と差別化した方が、
ラーメンの付加価値を高める事ができて利益率は高いかと思われます。

ただ、貧乏性のどなべとしては、
価格も重要な要素なんで、
万人向けな味のラーメンでCP度を評価するのも楽しいかと・・・。

せっかくの初冠雪なので・・・。

昨日はブログ更新をする勢いが無かった どなべです。

今朝は久しぶりに晴れましたので、
吾妻山の冠雪具合を再確認してみました。

まずは、吾妻小富士でも、

PowerShot S3IS+TC-DC58B

結構、雪が融けちゃいましたねぇ。

続いて、一切経山。

PowerShot S3IS+TC-DC58B

噴煙が確認できます。

まぁ、そんな事で雪化粧した山を撮影してみましたが、
ただ単に、9月に購入したテレコンを使ってみたかっただけなんですよね。

テレコンはカードで購入していたので今月の支払いとなったんですが、
テレコンも散財アイテムの1つになりそうだったもんで・・・。

吾妻山 2010初冠雪

冬が待ち遠しい どなべです。

昨日からの急な冷え込みにより、
本日は吾妻山の初冠雪が確認できました。

PowerShot G2

まぁ、電柱やら鳥など写ってますが・・・。

他にも何枚か撮影したんですが、
雲の流れに左右されたんで、
山が綺麗に見えるタイミングが難しかったりします。

そんな事で、いよいよ冬到来といった感じなんですが、
雪が降って喜んでいる どなべは、
犬とたいした代わらないかと・・・。

お茶漬けマヨスパ

アウトドアの火器類が好きな どなべです。

火器類はそこそこ持っているんですが、
料理を知らないんで使いこなせていないのが実情です。

そんな、どなべが参考書として選んだのが、

IXY DIGITAL L

“シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング”

本書に記載されているレシピの中には、
「インスタントラーメンに具を加えただけでは?」
などと、言った「料理?」と思える内容のレシピも存在しますが、
どなべ家の定番メニューとなったレシピもあります。

その、お気に入りのメニューが ↓ です。

IXY DIGITAL L

“お茶漬けマヨスパ”

茹で上がったパスタにお茶漬けの素とマヨネーズをかけて混ぜるだけ。

サラスパと殆んどかわらない料理ですが、
どなべ的にはサラスパより美味しいかと思います。

まぁ、使用する材料も調理法もシンプルなんで、
普段の食卓で何かもう一品欲しい時に良いです。

どなべ家では定番メニュー化したお茶漬けマヨスパですが、
実は重大な問題があります。

なんと、どなべは一度も作った事が無いんです。

何せ、嫁さんの方がこのメニューも気に入ってしまったもんで・・・。

まぁ、作ろうと思えば作れると思うんですが、
ワンバーナーの使い方としては、
炊飯の方が奥が深くて楽しいかと・・・。






百力滋(プリッツ)

先日、小腹が空いていた為、家にあるお菓子を物色していた どなべです。

そして目に付いたのが、

IXY DIGITAL L

“百力滋”(日本名:プリッツ)の上海ガニ味

これは、どなべが8月に上海出張の際に買ってきた物です。

たしか、写真の箱が12個入りで上海浦東空港価格120元くらいでした。

お土産の中では意外と高い部類に入りますが、
中国で食品のお土産を買う場合は、
“グリコ”というブランドネームは何かと安心感を感じます。

お土産を貰う人の中には中国製食品に根強い抵抗を持つ人も多いんですよねぇ。

まぁ、どなべは中国滞在中に中国製食品を食べるしかなかったので、
中国からの帰国後は中国製食品に対する不安が薄れていたりします。

それでも、現地滞在中は日本で馴染みのメーカーの飲料などを選んでいましたが・・・。

そんな事で、プリッツの中国モデルですが、
どうも上海浦東空港で売られているのは、
日本人向けのお土産用である事に今更ながら気付きました。

IXY DIGITAL L

箱の裏に“中国おもしろ豆知識”なるものが記載されています。

その豆知識の中には、
「赤信号でも右折は自由ですので、道を横断する時はくれぐれもご注意を!」
などと、中国滞在中にはかなり重要な事が記載されています。

前にも言いましたが、
中国の交通事情はかなりカルチャーショックを受けます。

それと、都市部では少ない様ですが、“ニーハオ トイレ”も・・・。

PRIMUS バリヒューエルEX

結構、散財している どなべです。

今日はそんな散財アイテムの1つを御紹介します。

↓ 2008年11月に購入のシングルバーナーです。

PowerShot G2

“プリムス バリフューエルEX”+“ラーケン 1.0L燃料ボトル”

バリフューエルは燃料にホワイトガソリンとケロシン(灯油)が使え、
ナチュラムにて燃料ボトルとのセット販売で¥11kでした。

このシングルバーナー実戦にて使用したのは、
なんと、1回だけです・・・。

まぁ、試運転は結構してるんですけどねぇ。

このバリヒューエルEXは、
本体と燃料タンクの分離型でセットするのが面倒だし、
プレヒートも必要だし、
爆音すぎるし、
火力調整は殆んどできないし・・・。

そんな訳で殆んど実用に至ってません。

爆音だとか使い勝手が悪いだけなら許容範囲なんですけどねぇ、
2700kcalもあるコンロが火力調整出来ないというのはどうにも使いようがありません。

以前、ワカサギ釣りの暖房として使用(燃料はケロシン)したんですが、
あまりにも火力が強すぎて、
外は氷点下の世界なのにテントの入り口を半開して使用した事があります。
(普段は換気口を確保するのみ。)

当然ながら、
バリフューエルの周囲だけ綺麗に氷が融けていました。

以来、御無沙汰だったんですが、
久しぶりに点火してみます。(燃料はエネオス ホワイトガソリン)

まずは、本体と燃料ボトルをセットしてポンピングします。

PowerShot G2

そして、燃料バルブを少し開いて、
ガソリンを本体に染み込ませたら燃料バルブを閉じて・・・。

プレヒーとぉ!

PowerShot G2

今回はホワイトガソリンを使用しているため、
ケロシンよりは短時間のプレヒートでOKです。

そして、再び燃料バルブを開放

PowerShot G2

まぁ、この炎だけ見てると悪くない感じですね。

燃料にホワイトガソリンを使用しているんで、
綺麗に燃焼するのが当たり前なんですが、
ホワイトガソリンのシングルバーナーなら、
どなべ的にはSVEA 123Rの方が遥かに実用的かと・・・。

そんな、お蔵入りとなっているバリフューエルEXですが、
付属の燃料ボトルだけは使い道がありそうです。

このラーケンの燃料ボトルはオプティマス NOVAシリーズとも
互換性がある様なんで・・・。






Wakasagimatic DDM カタログ入手

“上州屋フィッシングニュース”のメールマガジンを登録している どなべです。

先日、“ワカサギ用品が続々入荷中です。”とのメールが届きましたので、
ワカサギコーナーの様子を伺ってきました。
(メールを配信してきた店とは違う店舗に・・・。)

そこで、シマノ ワカサギマチックDDMのカタログを入手。


シマノHPでの製品案内よりも少し詳しい説明が記載されていたので御紹介します。






HPに記載されていない地味な特徴としまして、
“タッチスプールカット”があります。

これはスプールを指で直接回す事により、
微妙なタナ合わせや糸の張り具合を調整するためのものなんですが、
どなべが使用している桐電動も同様の操作がし易く、
大変重宝しています。

オモリが底を切った状態で釣りをする人には、
微妙なタナ合わせや糸の調整なんて不要かと思うかも知れませんが、
どなべは“全フカセ釣り”や“中フカセ釣り”を多用しますんで、
微妙な糸の調整は必ずします。

他の電動リールでも出来ない事はないんですが、
糸の微調整を設計段階から取り入れている事には関心します。

それとHPに記載されている内容と被りますが、
“電池残量表示” “巻上げスピード調整” “巻上げの自動スローダウン” “糸巻き学習機能”
などの機能も評価できますね。

どなべの桐電動は電池残量の対策として、
ニッケル水素電池を釣行毎にリフレッシュ充電する事にしています。
(電池の電圧が1.5V→1.2Vに下がるため、巻上げスピードはダウン。)

巻上げスピード調整,巻上げの自動スローダウン,糸巻き学習機能などは、
羨ましい限りです。

あとは、130g(電池不含)という重量をどう評価するかですね。

桐電動の重量75.5g(電池不含)

ちなみ、同じくK-ZANのグレイスの重量52.5g(電池不含)

まぁ、ワカサギ電動リールの場合は、
本体重量も重要なスペックですからね・・・。




ノースター2000

以前二回ほど言いましたが、灯り物好きの どなべです。

今回は“ノーススター2000”の御紹介でも・・・。

PowerShot G2

どなべのノース☆は写真を御覧になればわかるかと思いますが、
“Coleman”のステッカーが剥れています。

どなべが購入した個体はシワが付いた状態でステッカーが張られていて、
そこにホワイトガソリンが染みて剥れた物です。

最初からステッカーにシワが付いている辺りが、
Made in USAらしいかと・・・。

まぁ、ランタンを複数台所持しているどなべにとって、
ノース☆はワカサギ釣り専用なんで、
あまり気にしていないんですが・・・。

そんな、どなべがノース☆を購入するきっかけになったのは、
釣友“N氏”のノース☆の存在でした。

ワカサギ釣りを始めためた当初は、
どなべのシングルマントルのガソリン式ランタンを使用していました。
その後、N氏もガソリン式ランタンを買うというので、
どなべはN氏にノース☆を推奨しました。
しかし、そのノース☆が圧倒的に明るくて、
着火装置付が凄くうらやましかったんですよね・・・。

着火装置が無いとチャッカマンが必要となるんですけど、
これが氷上だと寒くて着火しないんですよね。
(どなべはカイロで温めて使用していました。)

そんな訳で、2007年にノース☆を購入。

そして、ノース☆には ↓ の様な小物を自作しました。

PowerShot G2

ダイソーの“12cm ケーキ型”です。
多少はケーキ型の面影が残っているかと思いますが・・・。

そのケーキ型をランタンのベンチレーターに被せます。

PowerShot G2

この上にトランギアの0.6Lケトルを載せて使うのがどなべ流です。
(フタなしだとお湯が沸騰しない。)

福島県内の某釣具店でも同様な物が販売されていますが、
結構な値段がしますので自作が宜しいかと思います。

点検を兼ねてノース☆に点火してみます。

PowerShot G2

写真では大した事ありませんが、ノース☆は点火時に炎上します。
※ 点火直後はベンチレーターから炎が出ます。

これが ↓ 安定した状態。

PowerShot G2

一昨年に購入したエネオスのホワイトガソリンを使用しているんですけど、
特に問題は無さそうですねー。

唯一、問題があるとすればこのチューブ型マントルかな?

PowerShot G2

2007年の購入時に付属してきたマントルを未だに使っています。

稼動時間にして200時間くらいは使用しているはずなんですが、
まだいけそうです。

でも、流石に今年こそは交換しようかと・・・。

ノース☆を使う機会があれば・・・。

青トマト

先日、銀山温泉に行って来た どなべです。

実は銀山温泉へ向かう道中にあった無人販売所へなんとなく寄ってみたんですよね。

IXY DIGITAL L

駐車スペースを完備し、漬物の試食がありました。

そこで気になったのが ↓ です。(嫁さんが・・・。)

IXY DIGITAL 210IS

“青トマト”

以前テレビで、
イタリアンのシェフが青トマトを加熱調理して料理を作っていたのを見て、
「青トマトは食べられる。」という事は知っていたんですが、
まさか、漬物にしても食べられるとは・・・。

そんな訳で“青トマト”お買上げです。
どうせ¥100だし・・・。

そして、青トマトを漬けてみた(嫁さんが・・・。)のが ↓ です。

PowerShot G2

朝漬けの素を使用したんですが、
青くてもトマトの味はしっかりしています。

トマトの味がする漬物。

なんか変な感じですが悪くはないです。

青トマトが意外にも味がある事が分りました。

テレビで見たシェフが青トマトを加熱調理していたのが、
分るような気がします。

ただ、味付けにキムチの素はどうなんでしょうね・・・。
プロフィール

donabe

Author:donabe
ぷららBroachよりFC2へ引っ越してきました。

福島県福島市在住

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
本 (4)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR