“ビブリア古書堂の事件手帖”の原作を読んでみた。

TVは普段あまり見ないが、
本を読み出すと最後まで一気に読みきってしまう性格な どなべです。

タイトルにある「ビブリア古書堂の事件手帖」は、
2013年1月14日よりドラマ化された為、
御存知の方も多いかと思いますが、
どなべがこの原作を知ったのは昨年の夏頃。

書店に貼ってあったポスターに「○○○万部 突破!」と書かれていたので、
何となく手にとってみた。

でも、その時は別に読んでいる本があったので、
「そのうち買おう。」と思っていたら完全に忘れていた・・・。

昨年の年末頃になってその本の存在を思い出し、
正月に購入。

SO-03D

この物語は古書にまつわる内容なので、

SO-03D

「古本で購入してみた。」

と言うのはウソで、
何せ正月に古本が二割引きだったもんで・・・。

しかし、購入後すぐには読まずに放置。

先週の金曜日夕方になってようやく1巻を読み始めた。

と思ったら、
夜更かししてまで一気に読んでしまうのが どなべの悪いクセなんですよね。

次の日の夜には3冊とも読破しました。

それで原作を読んでみて思ったのが、
TVドラマ版と原作では人物の設定とかイメージが大きく違うような気がする。

まぁ、どなべ的にはTVドラマ版は見たことがないし、
見る気もないからあまり気にしないけど。

それと原作を読んで気になったのが、
直木賞作家 桜庭一樹が執筆したライトノベル「GOSICK-ゴシック-」に似ている部分があるかなぁ・・・。

などと、
いろいろと言いましたが どなべ的には好きな作品です。

もう直ぐ第4巻が発売されるとの事なので非常に楽しみです。

でも、また夜更かしして読んでしまうんだろうな・・・。


スポンサーサイト

たぶん10周年記念釣行

本日は月明かりの中、
小野川湖を雪中行軍していた どなべです。

SO-03D

この日の桧原地区のピンポイント予報では、
6時には風速5m、
9時には風速7mの強風・・・。

テントを張る頃であろう6時に風速5mでは、
テントの設営はムリ。

普段のどなべなら、
この予報を見る限りでは釣行を諦めます。

しかし、金曜日から土曜日の予報と実績(アメダス)を見比べていくと、
予報の風速よりは実績の値が低かったんですよね。

なので「そこまでは風が強くならないだろう。」期待を持って釣行を決行!

そんないい加減な釣行を共にするのは、
どなべの10数年来の釣友“N氏”

そもそも、
どなべがワカサギ釣りを始めたのは、
確か2003年頃だったかと思う。

N氏と共に訳も分からずにワカサギ釣りを始め、
デビュー戦では8匹と言う苦い経験を引きずって今に至ります

その様にN氏とは釣行で幾多の苦楽を共にしてきましたが、
今回はスノーシューを履いても長靴が埋もれてしまいそうな積雪で「苦」を共にしています・・・。

そんな状況ではありましたが、
とりあえず、
どなべの期待通り風はそんなに強くはならなかったので、
テントを設営し釣行を開始。

SO-03D

この日選んだポイントは、

SO-03D

魚探の魚影が切れません。

魚影は有っても食いは渋いんですが・・・。

まぁ、食いが渋いとは言っても、
それでも魚影が切れないポイントは久しぶりなので、
集中力を切らすことなく釣りが出来ます。

ちゃんと誘えばポツポツと釣れてくれるし・・・。

そんな中、
N氏の穂先に異変が発生!

その様子を見た どなべは、
自分の仕掛けを全て巻上げます。

そしてN氏がラインを手繰って寄せてきたのは、

SO-03D

口元がなかなか厳つい岩魚くん。

このまま氷上に上げて記念撮影と行きたかったところなんですが、
写真を撮った直後に暴れて針が外れてしまいました。

岩魚が寄ってきた後、
暫らくはアタリがありませんでしたが、
その後、再びポツポツと釣れ釣れ続き13:15に納竿。

SO-03D

↑ の検量結果は212匹でした。



おにぎりwarmer

先日、ダイソーにて排水溝のゴミ受けを購入した どなべです。

記事をアップした翌日には実戦投入予定だったんですけども、
寝過ごしてしまったため本日になって使用方法を公開致します。

まずは何時もどなべが氷上で愛用しているコールマン533をセット。

SO-03D

次に、
これまたダイソーにて購入したステンレス製カップに、
湖の水を汲んで533に乗せます。

SO-03D

これでテント内の加湿を行っていたのが今までやり方。

今回はこれに“排水溝のゴミ取り”をセット。

SO-03D

そして頃合いをみてコンビニおにぎりをセット。

SO-03D

おにぎりをセットした後は、
適当に釣りをしながら待ちます。

すると、

SO-03D

湯気がたつ程温かいおにぎりを食べる事が出来ます。

まぁ、本当はカップラーメンを食べたいところなんですけどねぇ。

カップラーメンは両手が塞がってしまうので、
釣りに没頭してしまうと食べるのが面倒なんですよね。

ラーメンを食べてる時に限ってアタリが来るし・・・。

でも、激渋でお手上げ状態の時の為にカップラーメンは常備しています。

平日釣行は空いていて良いや・・・あれ?

平日のワカサギ釣りには一度も行った事がない どなべです。

そんな、どなべですが本日は念願だった平日釣行を決行!

02:00に小野川湖へ向けて自宅を出発し、
03:30には中央ワンド駐車場へ到着。

土日ともなると既に満車となっている筈の中央ワンド付近の駐車場も、
流石に平日は1台も車がありません。

しばしの間、車の中で待機し、
04:00過ぎに氷上へ降りてみると、
キャンプ場方面にランタンの灯りが1つ見えるくらいで、
他には誰も居ません。

今回、どなべが狙うポイントは2010年に見つけて以来お気に入りとなっているポイント。

ハンディGPSを頼りに最短距離でポイントへ向います。

でも、GPSが示した場所には昨日張ったと思われるテントの跡が・・・。

う~ん。

チョッと気分的に宜しくないので、
少し外した位置で魚探の反応が若干良かった位置にテントを設営。

テントの中に入り、
これから暖房のを準備しようと思った時に、
こちらのテントに向ってくる足音がありました。

そして辺りが完全に明るくなった頃には、







SO-03D

お隣さんが3軒ほど・・・。

この平日と言う釣り人の少ない日に、
狙っているポイントが被っているとは・・・。

それでもまぁ、
ワカサギが釣れれば{/OK/}と思っていたんですが、
どうにも食いが渋いです。

そして聞こえてくるお隣さんの会話は、
「この間よりも渋いなぁ~。」と・・・。

「そりゃ食いが渋いの当たり前だよ。」とは思うものの、
今更ポイント移動するのも面倒なので、
渋りワカサギを攻略する為に、
左用のリールにK-ZANの180mm SS 右用のリールに08 HIBARA SPをセットし、
オモリを頻繁に交換したり、
中フカセ・全フカセ・脈釣りなど釣り方も頻繁に変えながら、
なんとかワカサギに口を使わせます。

こういう渋りワカサギ相手の釣りって、
魚との知恵比べをしている様で意外と面白いんですよねぇ。

そんな知恵比べで力を発揮してくれたのが、
“08 HIBARA SP”なんです。
※ どなべが使用しているのはガイド追加バージョン

その08 HIBARA SPを使っている様子を動画で撮影してみたので、
興味のある方は ↓ をどうぞ。

PowerShot S3IS

奥の穂先が“08 HIBARA SP”
ギリギリ映っていない手前側が“180mm SS”

まぁ、 ↑ を見てもあまり参考にはならなかったとは思いますが、
せっかく撮影したのでADSL回線で2時間以上かけてアップロードしてみました。

映像の中で手に仕掛けが纏わり付いているシーンがあるんですが、
それは無視してください。

そんな訳で本日の釣果は、

SO-03D

14:15納竿で辛うじて2束超えの204匹。


今日は起きれた。


寝過ごしてしまったので・・・。

本日は01:30に起床する予定だった どなべです。

今週こそは小野川湖の中央ワンドから進攻する予定でしたが、
どなべが起床したのは04:30・・・。

ワカサギ釣りは断念して二度寝する事にしました。

そんな訳で、



EOS40D EF24-105F4L IS USM

あづま運動公園にてソリ遊び・・・。

氷上釣りアイテム?

本日は大雪の為、ワカサギ釣行を断念した どなべです。

釣行までの準備時間に余裕が出来たため、

SO-03D

↑ の様な排水溝のゴミ受けをダイソーにてお買い上げ。

使用方法については後程・・・。

08 HIBARA.SP 改

およそ2ヶ月前に“08 桧原スペシャル”を購入した どなべです。

先日の小野川湖釣行の際に初めて使ってみたんですが、
心配していた“合せ難い”という問題は直ぐに慣れたので問題なかったです。

ただ、どなべが期待していた美しい穂先の曲がり具合は全く楽しめませんでした。

この桧原SPを桐電動リールにセットすると、

SO-03D

穂先が曲がった時にラインが穂先の端に触れてしまうんですよね。

これではラインブレイクの可能性が極めて高いです。

なので、巻上げ時は穂先を下に向けて巻上げる必要があります。

そんな訳で穂先の曲がり具合が全く楽しめないので、

SO-03D

手持ちのガイドを追加してみた。

ガイド追加後は、

SO-03D

ラインブレイクの心配無く使えそうです。

この桧原SPのどなべの印象としては、
オモリS~Mを使用した脈釣りに向いているかな?




ENEOSホワイトガソリン

数年前、秋元湖の氷上でガソリンランタンのガス欠に陥った事がある どなべです。

その時はワカサギ氷上釣りシーズン終盤という事もあり、
コールマン純正の高いホワイトガソリンを買うことをためらって、
ランタンに燃料を満タンにしないで釣行に出掛けてしまったんですよね。

しかし、予想以上に早くガス欠となってしまい、
釣友の“N氏”にガソリンを分けて貰った事があります。

以来、ホワイトガソリンのストックは切らさない様にし、
2009年にはエネオス ホワイトガソリン18リットルを購入して、
それを大事に使ってきたのですが、
流石に心許なくなってきたので、

SO-03D

ENEOSホワイトガソリン18リットル 二缶目です。

最近ではワカサギシーズンになると、
地元の釣具店でも販売される様になったENEOS白ガスですが、
釣具店での販売価格は¥6,480。

どなべは福島市北中央のセルフスタンドにて¥5,250にてお取り寄せ。

前回の白ガスはノーススター2000ランタンの代わりに、
639Bケロシンランタンを使った事もあり4年程持ちました。

でも、最近は液燃系ランタン自体を使わないので、
5年くらいは持つんだろうな・・・。



2013氷上ワカサギ開幕

実は、最近“ヘタレ病”を患っていた どなべです。

2012年は渓流にも山菜採りにも行かなかったせいか、
早起きして「何処かに出掛けよう。」という気持ちだけはあるが、
どうにも体が付いて来ないんですよねぇ・・・。

そんなヘタレ病を改善すべく、
この三連休中に入食いを夢見て2013年の氷上ワカサギ釣りに挑んだんですが、
金曜日の夜に頭痛に悩まされ土曜日の釣行を断念。

う~ん。

連休初日と二日目ではワカサギの活性が違うんだよな・・・。

そんな訳で日曜日に初氷上を決行すべく日曜日の深夜2時に起床。

それから30分程かけて道具の積み込みと確認を行い2時半に出発!

それでもヘタレ病の為、
「やっぱ家で寝てれば良かった。」などと葛藤しながらも、
4時に小野川湖中央ワンドに到着。

しか~し、
中央ワンド付近の駐車場は既に満車状態・・・。

仕方ないので、
“小野川湖畔キャンプ場”側からエントリーする事にします。

このキャンプ場側からのエントリーは数年ぶりとなるのですが、
どなべのポイントまでの道程は長いです。

しかも、天候は吹雪。

氷の上に水が上がった氷上を休みながら少しづつ進んでいき、
予定していたポイントよりも手前側で妥協する事にします。

此処で穴を数箇所開けて魚探を見ても芳しい反応は無し。

この時、時間は既に6時。

吹雪は弱くなる気配を感じません。

そんな訳で、
少し反応が良かった穴で妥協。

まぁ、数年前に実績のあったポイントだし、
シーズン序盤だからワカサギの食いもそんなには悪くないだろうから、
なんとかなるか・・・。

でも、穴を決めてからが大変だった。

1人でテントを張るには若干風が強いんだよなぁ・・・。

穴を中心にしてテントを仮置きし、
風上側のテントの縁にソリを乗せてしばし待機。

そして風が少し弱まった時に一気にテントを張り、

SO-03D

なんとか設営完了。

そして6時45分に水深約15mのポイントにて釣り開始。

しかし、ワカサギの反応はイマイチ・・・。

シーズン序盤の期待していた様な入食いはなく、
底で誘えばポツポツと釣れる程度。

10時半頃、シングルバーナーの燃料切れで給油のため釣りを一時中断。

この時点での釣果は138匹。

給油完了後も相変わらずで、
12時前の時点で約200匹くらいかな・・・。

SO-03D

そして13時を過ぎ、
撤収時間を意識し始めた頃になって、
「今日は仕掛けの落下中に食ってくる事が何度かあったな・・・。」という事に気付き、
オモリを水深10mの中層に設定。

すると入食いモード突入。

今更ながらだけど、
何故中層のワカサギに気付かなかったんだろう・・・。

そんな訳で1時間半程スパートをかけ14時半に納竿。

SO-03D

その後は恒例の検量。

SO-03D

結果は予想外の340匹。

しかし、「もっと早く中層を攻略していれば・・・。」と悔やまれる釣行でした。
プロフィール

donabe

Author:donabe
ぷららBroachよりFC2へ引っ越してきました。

福島県福島市在住

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
本 (4)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR