donabe in 太田 2013-03-31

昨日は裏磐梯の春を探しに行って来た どなべです。

小野川湖の氷も大分融け、
道路脇にはフキノトウが芽を出して、
ようやく春を感じられる様になった景色を見てきたのですが・・・。

本日は午後から、

SO-03D

東北道を南下し、

SO-03D

桜が見頃となっている群馬県太田市に来ています。

しかし、仕事とは言え季節感の無い生活してるなぁ・・・。
スポンサーサイト

2013 ワカサギシーズン終了

2013年の氷上ワカサギ釣りは、
前年よりはいろいろと楽しめた どなべです。

今季のワカサギ釣りは実釣以外に、
ブログのコメントでも楽しめました。

コメントを頂いた皆さんには感謝です。

↓ は本日の小野川湖の様子。

PowerShot G2

この向こう岸の方では、

PowerShot G2

まだ楽しんでいる方が居る様です。

そんな今季の釣りをまとめてみると、

 1回目:1/13 340匹

 2回目:1/22 204匹

 3回目:1/27 212匹

 4回目:2/2 105匹

 5回目:3/3 114匹

 6回目:3/7 51匹

計6回の釣行で、
 ・合計:1026匹
 ・平均:171匹

来季の課題はもう少しタックルの手返しを良くして、
最高釣果をもう少し伸ばしてみようと思います。

ちなみに、
↑ の小野川湖の写真は中央ワンド駐車場に行ったついでに撮影したモノ。

本日、中央ワンド駐車場に行った本当の目的は・・・。

PowerShot G2

中央ワンド駐車場の向かい側に出ているフキノトウだったりします。

そんな春の味覚は、

SO-03D

天ぷらで美味しく頂きました。

しかし、妙なモノです。

雪解けと共に終わりを告げる氷上釣り。
そしてそれを待っていたかの様に顔を出すフキノトウ。

ワカサギシーズン中はワカサギを油で揚げるのにウンザリしていた嫁さんですが、
今度は山菜の天ぷらが・・・。







今年のフキノトウは早い

子供の頃はフキノトウが嫌いだった どなべです。

まぁ、フキノトウなんて苦いモノを好む子供なんて普通じゃないですよねぇ。

その普通じゃない子供にはどなべの長女も含まれていますが・・・。

そんな訳で、
どなべは大人になってからフキノトウを好んで食べる様になり、
フキノトウが出る日を楽しみにしているのですが、
一昨年あたりから定点観測をしている場所にフキノトウが出ていた。

EOS KISS DIGITAL X EF40mmF2.8STM

一昨年は4/2にフキノトウが出ているのを確認し、
昨年は4/4の時点でもフキノトウが確認出来ませんでした。


桐電動 無改造パワーアップ計画 その1

ワカサギ用リールは“K-ZAN 桐電動リール K3”を愛用している どなべです。

どなべが桐電動リールを購入した当時は、
ダイワやシマノなどの釣具大手メーカーは、
ワカサギ電動リールには参入していなかったんですが、
今では水深表示や巻上げスピードコントロールなどの機能が付いた、
高機能な電動リールを発売しています。

そんな最新鋭の電動リールを見て、
どなべが感じるのが桐電動リールのパワー不足。

まぁ、パワー不足とは言っても、
常にパワー不足と感じている訳ではなくて、
入れ食いの時や、
電池の消耗時・低温時などはパワー不足と感じる事があります。

そんな時は、
スピード調整が出来るダイワやシマノのリールに憧れるのですが、
今更プラスチックなリールに鞍替えする気にもなれず、
桐電動リールのモーター換装を考えた事もあったのですが、
K-ZANでは改造したリールのメンテナンスを受付けてくれないと分かり諦めていました。

しかし、K-ZANで聞いた話をよく思い出してみると、
「改造した人はメンテナンスを受けたくて、
 結局はK-ZANにて有償でノーマルに戻している。」と言っていた。

と言うことは、
何時でもノーマルに戻せる状態であれば問題なし!

そんな訳で、
「桐電動 無改造パワーアップ計画」スタート。

まぁ、時間はタップリとある為、
のんびり・コツコツとした長期計画となります。

とりあえずは第1回目という事で、
この計画に必要な¥100均で集めた材料の御紹介でも。


↑ はダイソーで購入した450×30×30の角材。



 ↑ はダイソーで購入した水性ニス(ウォールナット)



↑ はセリアで購入したΦ6mmの超協力マグネット

その他にもまだまだ必要な材料はありますが、
この計画の主器となる部品は近日中に到着予定です。

この主器の特性によっては計画がボツになる可能性もありますが・・・。



氷上用ペグ

ワカサギ氷上釣りではテント派の どなべです。

まぁ、テント派と言うよりは、
カタツムリを持っていないと言った方が正しいんですけどねぇ・・・。

そんな訳で今日はどなべが使用しているペグの御紹介でも。

テント釣りでの大敵と言えば強風。

テント自体はスカート部に乗せた雪である程度は持ち堪える事が出来ますが、
自在ロープを張る為のペグは強風であっさり抜けてしまいます。

ただ、これは氷上の状態にもよりますので一概に言えないのですが、
表層の雪が柔らかいためかと。

この柔らかい雪に対応する為、
プラスチックペグを使った事がありますが、
ペグが固い層に到達すると簡単に折れてしまいます。

なので現在どなべが使用しているペグは、




重量級なので工具箱に入れてます。

工具箱の中には、


コールマンの30cm鍛造ペグとスノーピークのソリッドステーク30。

これらの鍛造ペグが計7本入っています。

鍛造ペグは、
氷上の表層が固い時は自在ロープ用として使い、
表層が柔らかい時はテントのスカート部に使います。

でも、表層は柔らかい時の方が多いので、




↑ の30cm自作ペグを自在ロープ用として使う事が多いです。

この自作ペグは廃材としてあった金属の板を切って曲げただけのモノなんですが、
氷上の柔らかい雪には結構効きます。

このペグも7本あったのですが、
2月の釣行で1本行方不明になってしまったので、


↑ の様なアングルペグを急遽作成しました。

このアングルペグ強度は抜群ですが、
自重が重すぎ・・・。

こんなのが7本もあったらかなりの重量です。

その他にテントの付属ペグが8本入っており、
これはテントのスカート部固定用にしか使っていません。

ちなみに自在ロープ用のペグが7本あるのは、


↑ の画像にある様に、
テントの風上側は自在ロープの本数を増やして、
耐風性をアップさせるためです。

富山土産

昨日、富山より戻った どなべです。

どなべは出張時になるべく御土産を買う様にしているんですが、
御土産選びって結構難しいんですよねぇ。

特に夏場などの気温が高い時期は、
食べ物系の土産物には気を使います。

でも、今回の出張は気温もそんなに高くならなかったので、




富山土産では定番の“ますの寿司”

製造元の違う鱒寿司を買ってみたんですが、
味の違いは僅かでどちらも美味いです。

その他、
どなべ的に気に入っている富山名物が、


富山湾でのみ商業漁獲が行われている“白エビ”

↑ は白エビを素干しにしたモノなんですが、
なかなか味があって美味いです。

そして子供ウケを狙った御土産が ↓ 。


富山では引き出物としても使われている“細工蒲鉾”

蒲鉾としての味は普通ですが、
御土産としてビジュアル的にはgoodです。




donabe in 氷見 2013-03-23

昨日は息子の卒業式に出席後、
北陸へ向かった どなべです。

今回の出張先は“寒ブリ”で有名な富山県氷見市。

だったんですが、
氷見市内に宿が取れなかったので、


昨年8月にも訪れた高岡市に滞在しています。




早いもので・・・。

ワカサギ釣行に時々息子を連れて行く どなべです。

今日は、


そんな息子の小学校卒業式でした。

今シーズンはもう1回くらいは釣りに連れて行くつもりでしたが、
卒業式を目前にして風邪をひかれては困るので、
卒業式が終ってからの釣行を考えていたのですが、
今シーズンは予想以上に氷がもちませんでした。

「来シーズンはもう少し釣りに連れてってやろう。」と、


磐梯山に誓い、
現在、どなべは北陸の地に居ます・・・。

喜多方 すがい食堂

先日、桧原湖西湖畔へ氷上散歩に行った どなべです。

この日の午前中はあまり風も無く良い天気だったんですが、
流石に何時までも居る様な場所ではないので、
“大塩峠”を越えて喜多方に抜けました。

この時、既に昼時だったので、
昼食はなんとなく喜多方ラーメンという流れに。

でもねぇ、
どなべ的には喜多方ラーメンで「美味かった」という思い出がないし、
食べ物にはうるさい長女が「太麺は嫌だ。」とか言ってるので、
あまり気が進まないんですよねぇ。

過去に某有名店を2店ほどチャレンジしてみましたが、
何れもどなべの口には合いませんでした・・・。

そこで疑問に思ったのが、
「何故、喜多方と言う土地に“幸楽苑”があって繁盛している?」と・・・。
要は地元の人も幸楽苑の無難な味を好んでいる?

そんな事もあり、
喜多方ラーメンには良い印象を持っていなかったんですが、
久しぶりに喜多方ラーメンに挑戦です。

この日、“食べログ”を参考にして選んだ店は、


“すがい食堂 バイパス店”

とりあえずはメニューの確認。




一応、食堂と言うだけあってセットメニューや定食が用意されてるのが嬉しいです。

でも、自分の口に合う喜多方ラーメンが目的で来てるので、
セットや定食は今回パス。

そうして選んだのが、


↑ 長女と次女の“喜多方ラーめん 大盛”



↑ 長男の“塩ラーめん”



↑ 嫁さんの“チャーシューめん”



↑ どなべの“塩チャーシューめん”

チャーシューが美味いとの評判だったので、
チャーシュー系を頼んでみたのですが、
なかなか圧巻の絵です。

普通のラーめんでもチャーシューが3枚入ってるから、
別にチャーシューめんじゃなくても良かったかも・・・。

そんな、すがい食堂のラーメンですが、
ここのラーメンはどなべの口に合いました。

塩も醤油も好きな味です。

そして評判のチャーシューですが、
若干しょっぱい(塩辛い)ですが柔らかくて美味いです。

「太麺が嫌だ。」と言っていた長女は、
「お肉が美味しいから太麺でも良いや。」と言う始末・・・。

そんな訳で、
どなべ的には再訪してみたいお店でした。


オオイヌノフグリ

花の名前も知らずに花の写真を撮る どなべです。

昨日、お散歩用カメラを持ち歩いている時に撮影。

EOS KISS DIGITAL X EF40mmF2.8STM

“オオイヌノフグリ”

この道端でよく見る花の名前を覚えたのは、
実は2~3年前だったりします・・・。
プロフィール

donabe

Author:donabe
ぷららBroachよりFC2へ引っ越してきました。

福島県福島市在住

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
本 (4)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR