ニューブランド?

先日の釣行では持参した穂先を全て試した どなべです。
14531165373910.jpg

持って行った穂先は(奥から)、
 ① K-ZAN 180mm 3S 6:4
 ② K-ZAN 180mm SS 6:4
 ③ 同上
 ④ K-ZAN H.G LTD
 ⑤ K-ZAN GANDOU SP改
 ⑥ K-ZAN 08HIBARA SP改
 ⑦ K-ZAN YAMANAKA SP YOUYOU
 ⑧ クリスティア 26SSS 先調子

①は穂先を下げてオモリ2.0g+0.8gガン玉を付けた中フカセで使用。
②は穂先を下げてオモリ1.25g+捨てオモリ2.5gで使用。
④はオモリ2.0g+捨てオモリ2.5gで使用
⑤はオモリ2.5g+ガン玉0.8gを付けた中フカセで使用。
⑥はオモリ2.5g+ガン玉1.5gを付けた中フカセで使用。
⑦はオモリ3.0~4.0gで使用。
⑧はオモリ2.5g+ガン玉1.5gを付けた中フカセで使用。

この中で食い渋ったワカサギを相手に最後まで使ったのが②と⑤

特に⑤GANDOU SPはモゾモゾとしたアタリに有効なのが確認出来た。

そして上記の中でケースから除外となったのが⑧クリスティア。

クリスティア「意外と」と言っちゃ悪いんですが穂先自体は悪くないですよ。

ただ、どなべが氷上で扱うには穂先が長かった・・・。

屋形用として使うには良いかも?


んで、ここからが本題。

先日の釣行で頂いた、
IMG_2656_R.jpg

白河の某工房謹製 竹穂先3種類。

特に名前は無いのでとりあえず“Y-SAN 穂先”と呼ぼう。

ガイド無しの穂先なので1.5gガン玉をぶら下げて先ずは素性をチェック。

先ずは参考としてK-ZAN 08HIBARA SP改
IMG_2655_R_2016013118024154e.jpg

スペック上は1.5gオモリ専用で5:5胴調子のはずなんだが、
胴調子を通り越して4.5:5.5くらいになってる様な・・・。
曲げクセでも付いたか?

一番短い200mm穂先。
IMG_2653_R.jpg

K-ZAN穂先では基本となる6:4調子くらいですかねぇ。

二番目の長さの230mm穂先。
IMG_2652_R.jpg

調子は7:3くらい。
もう少し重いオモリが適しているかな?

一番長い245mm穂先。
IMG_2654_R.jpg

これはかなり胴調子に近いですねぇ。
オモリ負荷にはまだ余裕があるのでもっと重いオモリで試さないと分らないです。

とりあえず手持ちのミニクロガイドが5個しか無かったので、
200mm穂先に手を付けてみよう。

先ずはセロテープでガイドを仮止めして確認。
IMG_2657_R_20160131190530519.jpg

う~ん。

流石にガイド3個はムリがある。
ガイドの取り付け位置もなんだか微妙だし・・・。

セッティング変更して、
IMG_2658_R.jpg

うん。

どなべ的には好きな感じ。

これでスレッドを巻いて仕上げよう。

「?」

そう言えばスレッドを固める瞬間接着剤が家に無かった・・・。(´・_・`)
スポンサーサイト

2016 ワカサギ氷上釣り その1 某湖

昨年夏以降は釣りに御無沙汰な どなべです。

たしか最後に行ったのは息子を連れて行ったカレイ船。

その後は出張が多かった事もあり、
いっぱい釣り大会やエギングには参加出来ませんでした。

そんな鬱憤もあり、
23:00に就寝し翌02:00に起床。

着替えを済ませ荷物の最終確認。

う~ん。

なんか忘れている様な気がするけどとりあえず02:30には出発。

かなり早めの出発なので何時になくノンビリと走り、
14540588920804.jpg

03:00には道の駅 つちゆ に到着。

ここから先の道のりは例年ならば除雪車と遭遇するのですが、
今年は明らかに雪が少なく、
雪道を楽しむ苦労する事なく進み予定よりも一時間早く某湖に到着。

一時間ほど待機しメンバーも揃ったところでいざ氷上へ!

氷の表層はグシャですが、
スノーシューがあれば歩くのには全く気にならないレベル。

予定ポイント到着後は皆さん速やかにポイントを決定されたため、
どなべは少し焦り気味で僅か4ヶ所だけ調査しただけでポイント決定。

釣り用穴2ヶ所と魚探用穴1ヶ所を開け、
釣り座が直ぐに水浸しになりそうだったので雪道を盛り、
いざテントを広げてから穴あけ位置を失敗した事に気が付いた。(>_<)

まぁ、釣り座のレイアウトに失敗するのは何時もの事なので別に良いか・・・。

そしてテントに入ろうとして、
今度はLEDランタンを忘れた事に気付いた。

これは・・・完全に明るくなるまでヘッドライトで凌ぐしかないか・・・。

テントに入り、
まずは初の実戦配備となるMSR国際のセッティングとプレヒート。

練習時の様に点火に失敗する事なく無事に点火。\(^o^)/

それから道具を準備し、
とりあえずリール一丁だけを投入。

魚探の反応は、
14540588736050.jpg

「GAIN設定10にしてはまぁまぁか?」

と思ったが釣れない・・・。

最先の良いスタートを期待していたが、
釣れるまでチョッと時間がかかりそうなので二丁目のリールを準備して仕掛けを投入。

すると二丁目を投入した直後に先に投入した仕掛けにアタリ。

確実にアワセて巻き上げてくると・・・初っ端からお祭り・・・。(´・_・`)
14540588921606.jpg

↑ コイツが最先の悪いスタートをさせた犯人。

この時すでに07:00過ぎ。

どなべ以外の方はそれなりに釣れているみたいです。
完全に出遅れました。

その後だんだんと食いが良くなってきて、
プチ入れ食いに近い状態が続きます。
14540588926498.jpg

それにしても某湖のワカサギは型が良いです。
14540588926849.jpg

こんなのが結構掛かるもんだから、
お祭りは多発するし電動リールは苦しそう音をたてています。

10:25 頃にこんてっさ さんからメールが入った時には大幅にペースダウン。

「どうせアタリが止まってるから。」と、
手を止めてワカサギをカウントしてみる。

「もう少しで200なので200になったら返信しよう。」

そして10:45頃に200達成の連絡。

しかし、11:00過ぎ頃からアタリは沈黙・・・。

頻繁にオモリや穂先を交換してみるも、
これといった成果はなく11:30には早めのカップラーメン。

13:00過ぎにもなると、
14540588737673.jpg

チョッと寂しいかな・・・。

その後は渋~い釣りを続け、
14:30過ぎにもなるとポイント外した組はソワソワと撤収準備開始。

どなべもポイント外した組なので撤収準備。

本日の釣果
14540588922117.jpg

デカサギたっぷりの330匹でした。


ちなみに今回の参加者は、
14540588737062.jpg

左から、
 左のスノーピークテント:浜ちゃん
 右のスノーピークテント:えま@さん
 奥のオレンジテント:知らない人
 カタツムリ:どどんぱさん
 手前の小川テント:どなべ
 奥の小川テント:かのかんさん
 左の黄色テント:やいちさん
 右の黄色テント:やいちさん師匠 


今回御一緒頂いた皆さんお疲れさまでした。 (・Д・)ノ

続きを読む

シェル ヒートクリーン

今季のワカサギ釣りからMSR国際を導入予定のどなべです。

MSR国際(ウィスパーライト インターナショナル)では、
ケロシンでの運用を考慮していたのですが、
ケロシンを使うとネットでの評判通りに煤だらけになります。(>_<)

まぁ、煤になる要因はアルコールを使わないでプレヒートしたり、
プレヒートの不足なんでしょうけど、
どなべの場合は全く使えていないせいもあり、
アルコールで数回プレヒートを行っても赤火の確率はかなり高いです。

「このままでは釣りにならないな。」
「念の為にコールマンのストーブも持って行くか?」
とか思っていたら、
仙台の同志はオプティマスNOVA用に、
シェル石油のヒートクリーンを導入した様なので・・・。
IMG_2643_R.jpg

IMG_2641_R_2016012416234504b.jpg

おらも真似っこしました。(^o^)

このヒートクリーンは天然ガスを原料として作られたファンヒーター専用灯油で、
以前は“エコ灯油”と言う商品名で地域限定販売されており、
これがケロシン系ランタンに良いと言う評判だったんですよね。

それがいつの間にか商品名が変わってネット販売されているとは気付かなかった。

そのヒートクリーンなんですが、
普通の灯油と比較するとサラサラとした手触りでニオイはかなり弱いです。

普通の灯油だと手に付着するとなかなか落ちないしニオイは残るしで、
かなり厄介ですけどヒートクリーンは手に付着してもあまり気にならないですね。

ただ気になるとすれば、
IMG_2642_R.jpg

↑ のシール。

カンガルーさんなんて滅多に来ないから気にしていなかったが、
「早くても 遅くても だめ!!」って配達指定なんだからそんなの当たり前でしょう!

と、ツッコミたくなる。

1/22の午後指定に対して実際は午前中に届いたとの事だが、
その辺の誤差は飛脚さんでもよくある事なので致し方ないのかな。

現状、宅配便で灯油を配達してくれるのはカンガルーさんしか居ないし。

そのヒートクリーンをMSR国際で試運転。
IMG_2644_R.jpg

燃料ボトルには約887mlまでと細かい事が記載されているので、
IMG_2645_R_20160124162351274.jpg

900mlのペットボトル(たしか C1000レモンウォーター?)に一旦入れてから燃料ボトルに移します。

セッティングを済ませ、
IMG_2646_R.jpg

仙台の同志と同じ様にヒートクリーンでプレヒート。

と、思ってやってみたらやっぱり煤になった・・・。( ・_・;)

まぁ、普通の灯油と比べれば圧倒的に煤は少ないが、
全く煤が出ないと言う訳では無い。

やはりMSRに煤は付き物なのか?

仕方ないので真面目にアルコールでプレヒートする事にしよう。

しかし、この後は煤との戦いだった・・・。

結論から言うとMSR国際は下手くそが使うとヒートクリーンを使用しても失敗します。

思った様に燃焼しないと「やっぱりオプティマスNOVAにしておけば良かった。」とかチョッと心の中で思ったり・・・。

なので、
どなべの様に近道しようとしないで、
ちゃんと普通の灯油で練習して国際を使いこなせる様になってからヒートクリーンに手を出しましょう。

そして、
プレヒート方法やポンピング回数などを試行錯誤しながら、
点火と消火を繰り返すこと実に5~6回。

ようやく国際のクセが掴めました。ヽ(^0^)ノ
14536219759540.jpg

どなべの場合は、
とりあえずポンピング回数は10回としよう。

まずは燃料コックを開いて灯油が出て来るのを確認出来たら直ぐに燃料コック閉。

プレヒートカップの下に適当な大きさのアルミ缶を置いて、
プレヒートカップにアルコールを満たし、
下のアルミ缶には約5mlアルコールを入れたらプレヒート開始。

プレヒート中にジェネレーターに残ってる灯油が気化して燃えたらプレヒートは十分。

でもプレヒートの炎が消えないうちに燃料コックを開くと失敗するので、
プレヒートの炎が確実に消えてから点火すると完全な青火点火でした。

さぁ、後はこの方法が氷上で上手くいくかどうか・・・。

惜しい・・・

先日、穂先キャップを全てφ5mm径に統一した どなべです。
14531165374561.jpg

↑ を見てチョッと気になるのが一番手前側にある空きスペース。

穂先ケースを更新した際に、
穂先の型番が見える状態でなるべく多く入る様にとレイアウトしたら1つ空きスペースが出来たんですよね。

この空きスペースを埋める為にK-ZANに行って新たな穂先を買おうかとも思ったんですが、
今季は新しい穂先を既に購入していた事を思い出した。
2015121523474431a.jpg

クリスティア穂先の26SSS先調子。

でも26cm穂先なので、
20160118203800da9.jpg

ギリギリでケースに収まらない。

↓ の左側のケガキ線が電動リールに入る長さ約8mm?
20160118203800960.jpg

右側のケガキ線がケースに収めるために穂先を切断したい長さ約15mm。

穂先のジョイント部を15mm程切断しても残りジョイント部は10mmくらいは残るから、
ギリギリのところで切れば問題はないからいっか~。

という訳で、
14531165376703.jpg

ジョイント部を切断して填め合い部の径をサンドペーパーで調整して、
穂先ケースに入れてみたら・・・1mmほど長かった。(´・_・`)

ヤスリで削って微調整しようかとも思ったが・・・面倒くさい・・・。

まぁ、別にいっか~。
14531165375862.jpg

不本意ではあるがグラス穂先だから、
ムリに収納しても変なクセは付かないだろう。


- 1/19 19:55記事追加 -

やっぱり気になるので、
14532005529010.jpg

穂先をヤスリで削ってみた。

ネタ切れだったので・・・

10日以上ブログを放置していた どなべです。

前回の記事にて「今年は氷るのか?」なんて書いてたんですが、
どどんぱさんの情報では小野川がだんだんと凍りつつある様なので、
だんだんとやる気になってきた。

とりあえず、
Screenshot_2016-01-16-20-33-34.jpg

こんてっさVさんの真似して“ヒートクリーン”を発注。

でも、ヒートクリーンが届くまでblogネタが無い。

この間タイで買ってきた、
14519128983191.jpg

14519128982850.jpg

御当地プリッツでもネタにしようかと思ったが、
ネタとしてまとめられなかったのでやっぱり放置。

そんな中 team内では何故か竹穂先作りが流行ってる(?)様だが、
基本的に面倒くさがりなどなべに竹削りは有り得ない。

でも今年こそはイロイロと穂先を改良しなくてはいけないので、
14529438049175.jpg

14529438049436.jpg

仕入れておいたΦ5mm径の穂先キャップに交換。

K-ZANの市販品をそのまま使うと若干長いので少しだけカットして、
♯400番のペーパーで填め合い部の径を調整。

ついでに、
14529438049034.jpg

物置からミニクロ ガイドを引っ張り出してきて、
14529438045893.jpg

↑ の状態だったモノを ↓ の様に曲げ直し。
14529438045591-220309651.jpg

曲げな押したガイドを、
14529438045290.jpg

ほぼお蔵入りに近い“GANDOU.SP”にアロンアルファ。

仮止め状態のガイドにスレッドを巻いて再びアロンアルファ。
14529438045591.jpg

この様に元ガイドを追加して何になるのかと言うと、
14529490247190.jpg

↑ は追加した元ガイドにラインを通さないで穂先に付加をかけた状態。

14529490247791.jpg

↑ は追加した元ガイドにラインを通した状態。

同様の改造は“08 HIBARA.SP”にも施していますが、
これだけの改造でワカサギが掛け易くなります。

購入以来、
まだ数匹しかワカサギを掛け事がない“GANDOU.SP”もこれでどなべの戦力となるか?

ようやく・・・

一昨日にタイから戻った どなべです。
20160103090734de2.jpg

タイ スワンナプーム空港を11:55(日本時間)に離陸し、
羽田空港国際線ターミナルに着陸したのは17:10頃。

行きの飛行機はエコノミークラスだったのですが、
帰りの便はプレミアムエコノミークラス。

クラスとしてはチョッとの違いですが、
5時間も飛行機に乗っているとこのチョッとの違いが大きかったです。

んで、ドリンクメニューもチョッと違かったので、
20160103003318a77.jpg

エコノミークラスには無かったシャンパンを注文してみる。(^_^)

なんか貧乏性丸出しですねぇ・・・。

飲んでみてから「やっぱりワインを飲んだ方が良かった。」とか後で思ってしまうんだから自分でも困ったものです。(^_^;)

そして今日は、
20160104220927c64.jpg

一応は氷上を意識して仕掛けを仕入れてきました。

O湖の開幕を意識してるので強気の2号針。ヽ(^0^)ノ

2.5号針なんかもあったけど、
多点掛けを狙うのでなるべく細軸で刺さりの良くてバレ難そうな仕掛けをチョイス。

ついでに0.15号のPEラインも買ってみた。

だんだんとワカサギ モードになってきました。

それにしても「今年は氷るのか?」心配になってきた・・・。

donabe in タイ 2016-01-01

「サッワディークラップ」

新年をタイで迎えた どなべです。

「あけましておめでとうございます。」
「本年も宜しくお願いします。」

本日でタイの仕事も無事に終わり、
明日は予定通り帰宅する事になりました。

「最後なんで今夜はタイ飯でも。」と言う事になり、
近くのショッピンクモール(イオン)へ。
201601012207488dc.jpg

タイのモールでは日本食レストランが多く、
↓ の回転寿司屋なんかはかなり賑わっていましたね。
201601012207466cb.jpg

↓ のうどん屋さんは閑古鳥で、
20160101220747576.jpg

店員さんは店先でスマホを弄ってる始末。

↓ は日本ではお馴染みのチェーン店
201601012207443f9.jpg

此方も閑古鳥。

理由はその価格設定かも?
20160101220750016.jpg

牛丼並盛りで109バーツと言うと日本円で約¥330くらい。

日本と対した変わらない値段なんだから流行らないよなぁ。

それで、どなべ逹が入店したのは、
“MKレストラン”と言うタイすき焼きの店。

でも、よく話を聞いてみると九州辺りにも出店してるとのことなので機会があったら挑戦してみよう。

料理の写真は撮らなかったので、
辛いものを食べて汗だくになった どなべ専用のスペシャルデザートの写真でも。
20160101220815c31.jpg

↑ は“スイカ ジュース”

ジュースとは言うが完全にシャーベットです。

急いで食うと頭が痛くなるんですが味は良いですよ。(^_^)

その後、
20160101220817cc4.jpg

ホテル敷地内のコンビニで買い物を済ませ部屋で荷造り。

今日で、
20160101220819d59.jpg

↑ コイツともお別れです。
プロフィール

donabe

Author:donabe
ぷららBroachよりFC2へ引っ越してきました。

福島県福島市在住

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
本 (4)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR