K-ZAN 桐電動

K-ZAN信者のどなべです。

昨日の続きで、
本日は電動リール本体の御紹介でも・・・。

まずは、0607年に購入した右手用(当初は左で使用)の電動リール。

PowerShot G2

“桐電動 K-2 右用”(非ブラスト スプール)

そして、0708年に購入した左手用の電動リール

PowerShot G2

“桐電動 K-3 左用”(ブラスト スプール)

右用の写真を良く見ると判るかと思うんですが、
モーターの調子が悪かったため、
K-ZANへ持込んでK-2からK-3へ改造をしてあります。
(モーター交換は約¥1900円,点検・注油はなんと無料)

K-ZANの電動リールは、
他の電動リールと比較するとお値段は高めですが、
製品の魅力とアフターサービスの良さを考慮すれば、
そんなに高くは無いのかも知れませんね。

そんな、お気に入りの桐電動なんですが、
ケースなどが付属されていないため ↓ の物を利用してます。

PowerShot G2

得意の¥100均ケースです。

そして、当然ながら電池も・・・。

PowerShot G2

¥100均の“ボルケーノ NZ”をメインに使用します。

隣に写っているリチウム乾電池は桐電動の軽量化を極めるために準備しました。

リチウム乾電池は以前も御紹介しましたが、
アルカリ乾電池より30%程軽く、
約7倍もの容量を持っています。

リチウム乾電池の軽さ・寿命については、
K-ZAN グレイスにも是非とも採用して頂きたいですね。

リチウム乾電池は寒さにも強く、
氷上でもその力を十分に発揮してくれるんですが、
2010シーズンのワカサギは非常に口切れが多かったため、
0.3V電圧が低いニッケル水素電池にパワーダウンにしました。
( ↑ 本山さんのパクリ。)

本山さんはeneloopを使用していましたが、
ワカサギ釣りに2000mAもの容量は不要なんで、
どなべ的には1300mAの¥100均電池で十分かと思います。

釣行毎にリフレッシュ充電を行えば、
電池切れのトラブルに見舞われる事もなく、
ニッケル水素電池に ↓ リフレッシュ機能付充電器は必要不可欠かと・・・。

PowerShot G2










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

donabe

Author:donabe
ぷららBroachよりFC2へ引っ越してきました。

福島県福島市在住

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
本 (4)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR