639B ケロシンランタン

毎年今時期になるとランタンの灯りが恋しくなる どなべです。

以前ノーススターを御紹介した時に、
ノーススターはワカサギ釣用として購入した事を説明しましたが、
その後2008年に購入したのが ↓ のランタンです。

IXY DIGITAL L

コールマン “639B ケロシンランタン”

コールマンのケロシンランタンは少し遠い所にあるホームセンターで販売されていたので、
その存在は以前から知っていたんですが、
点火時にプレヒートが必要なことから、
見向きもしませんでした。

しかし、SVEA 123Rを使う様になってから、
プレヒートが楽しいと思う様になったので、
ケロシンランタンについて調べてみると、
639の明るさはノーススターに匹敵するらしい・・・。

ホワイトガソリンとケロシン(灯油)の単価は圧倒的な差があるのに、
明るさは大差ないということなので、
その翌日には、「639が店頭に有ったら、購入する。」
と、決心してホームセンターへ向かったものです。

そんな、639ランタンですが、
昨シーズンのワカサギ釣ではメインランタンとして酷使し、
今夏のキャンプでも使用したんですが、
かつての明るさが無い様な気がしたので調べてみました。



IXY DIGITAL L

↑ の様にマントル上部に煤が付着するんですよね。

以前、弄った事のあるジェネレーターを外してみます。

IXY DIGITAL L

左がストックしておいた予備のジェネレーター
中が以前、290Aと639ジェネレーターの互換性確認の為に使用した部品
右が今回取外したジェネレーター(海老反りになっています。)

先端部を良くみると、



IXY DIGITAL L

今まで使ってたジェネレーターってパワーハウス290A用じゃん・・・。

ん~。

確か、639購入当時に予備のジェネレーターを探していたら、
2chに290A用のジェネレーターが使用できるという情報があったので、
互換性を検証していたんですよね。
その後、オールドコールマン通販ショップから639のジェネレーターを入手したので、
ジェネレーターの検証がどうでもよくなって、
そのままになっていた様です・・・。

とりあえず、問題解決した様な気がしたのでマントルを付けて試運転します。

IXY DIGITAL L

639用のマントルとして、
純正,アンカー,バタフライをストックしているんですが、
気分的にバタフライで。

IXY DIGITAL L

バタフライもアンカーもかなりデカイです。

そして、マントルの空焼きとプレヒートを同時に行います。

IXY DIGITAL L

プレヒート中にポンピングを行うこと、
100回程・・・。

そして、点火。

IXY DIGITAL L

ん~。
なかなか良い燃焼状態です。

やはり、ジェネレーターを間違って使用していたのが原因でしたかねぇ・・・。

やっぱり、2011シーズンのワカサギ釣行も639を使おうかな?

灯油のCP度は圧倒的だし・・・。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

donabe

Author:donabe
ぷららBroachよりFC2へ引っ越してきました。

福島県福島市在住

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
本 (4)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR