ゴールド研磨竿先 180mm SS No.2

先日、K-ZANにてまたしても穂先を購入してきた どなべです。

前回購入した穂先は180mm SSだったので、
今回はそれに近い穂先の購入を検討していました。

K-ZANにて“180mm 3S”と“GANDOU SP”の実物確認をする予定だったのですが、
生憎“180mm 3S”は品切れの為、
“GANDOU SP”をじっくりと確認。

“GANDOU SP”のスペックは、
ゴールド研磨竿先200mm SSの胴調子(5:5)で、
基本的にはどなべが前回購入した180mm SS 6:4調子と、
スペック的に近いはずなんですが、
手に取った感じは全くの別物でした。

この“GANDOU SP”は、
穂先全体がフワフワとした感じで、
このしなやかさなら繊細なアタリが分り易そうです。

しかし、穂先の根元部分はコシが無い為、
ワカサギを針に掛けるには苦労しそうかな・・・。

そして、どなべが検討した結果は、
“GANDOU SP”は不採用!

そんな訳でまたまた180mm SSを購入してきました。

でも、前回購入した穂先とは微妙に違うんですよね。

PowerShot A620 初号機

↑ は12月に購入した穂先なので“180mm SS No.1”とします。

そして今回購入した、

PowerShot A620 初号機

↑ 180mm SS No.2

ん~。

微妙ですね。

今度は並べて比較。

PowerShot A620 初号機

奥のローズピンクに着色された穂先が、
 “180mm SS No.1”
手前の穂先が、
 “180mm SS No.2”

比較してみると、
手前のNo.2穂先は胴調子に近い感じです。

まぁ、この微妙な調子の差が、
実釣にてどういった違いが出るかは不明ですが・・・。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

donabe

Author:donabe
ぷららBroachよりFC2へ引っ越してきました。

福島県福島市在住

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
本 (4)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR