氷上用ペグ

ワカサギ氷上釣りではテント派の どなべです。

まぁ、テント派と言うよりは、
カタツムリを持っていないと言った方が正しいんですけどねぇ・・・。

そんな訳で今日はどなべが使用しているペグの御紹介でも。

テント釣りでの大敵と言えば強風。

テント自体はスカート部に乗せた雪である程度は持ち堪える事が出来ますが、
自在ロープを張る為のペグは強風であっさり抜けてしまいます。

ただ、これは氷上の状態にもよりますので一概に言えないのですが、
表層の雪が柔らかいためかと。

この柔らかい雪に対応する為、
プラスチックペグを使った事がありますが、
ペグが固い層に到達すると簡単に折れてしまいます。

なので現在どなべが使用しているペグは、




重量級なので工具箱に入れてます。

工具箱の中には、


コールマンの30cm鍛造ペグとスノーピークのソリッドステーク30。

これらの鍛造ペグが計7本入っています。

鍛造ペグは、
氷上の表層が固い時は自在ロープ用として使い、
表層が柔らかい時はテントのスカート部に使います。

でも、表層は柔らかい時の方が多いので、




↑ の30cm自作ペグを自在ロープ用として使う事が多いです。

この自作ペグは廃材としてあった金属の板を切って曲げただけのモノなんですが、
氷上の柔らかい雪には結構効きます。

このペグも7本あったのですが、
2月の釣行で1本行方不明になってしまったので、


↑ の様なアングルペグを急遽作成しました。

このアングルペグ強度は抜群ですが、
自重が重すぎ・・・。

こんなのが7本もあったらかなりの重量です。

その他にテントの付属ペグが8本入っており、
これはテントのスカート部固定用にしか使っていません。

ちなみに自在ロープ用のペグが7本あるのは、


↑ の画像にある様に、
テントの風上側は自在ロープの本数を増やして、
耐風性をアップさせるためです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

氷上ペグ良さそうですね~変わった形ですが柔らかい雪を掴み易い様に工夫されていますね(*^_^*)材質は少し軽そうですし・・・(*^_^*)
アングルは40センチで6本作ったら・・・結構な重さでしょうね~(>_<)  少し考えてみます・・次回釣行まで10ヵ月・・・・? 程あるので・・・。 材料も考えないとね(*^_^*)単独の時用にカタツムリ考えていますけど、テントも家内と行く時には必要ですから。

アングルは30×30×t3のサイズですと1mあたり1.36Kg。
400mm長のペグですと1本あたり500gくらい。
かなり重いですね・・・。
材料の板厚は1.6~2.3mmで良いかと思います。
ホームセンターでペグの材料に良さげなモノを見つけたら、またブログで公開しますよ~。
プロフィール

donabe

Author:donabe
ぷららBroachよりFC2へ引っ越してきました。

申し訳ありませんがコメントやリンク先の内容によっては削除させて頂きますので御了承願います。

福島県福島市在住

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
本 (4)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR