桐電動 無改造パワーアップ計画 その8

三月末から桐電動パワーアップ計画を進めていた どなべです。

まぁ、たいした計画では無かったんですけど、
チマチマと進めていたため時間はかかってしまいましたが、
とりあえず目標としていたレベルに仕上がりました。

PowerShot S110

↑ を前回の記事と見比べると分るかと思いますが、
左用の桐電動が外部電源対応になった程度の変化・・・。

でも、共通電源にして気付いたのは、
左用リールと右用リールの個体差。

まぁ、外部電源化する以前も少し気になっていたのですが、
電池の状態が違うのであまり気にしていなかったんですよねぇ。

右用は回転速度が遅く、
モータ始動時の突入電流も大きい様で、
2丁同時使用だとモータが回らない時があります。

そこで右用リールと左用リールの違いを疑ってみると、
右用はモータ軸にスプールを押付ける圧力が強いという事に今更ながら気付いた。

なので、
右用リールのスプール接触圧力を調整してみたら、
モータ起動トルクが改善された様で、
モータの起動・回転共に安定しました。

とりあえず、
不安要素は解消されたのでなんとなく実釣に耐えられそうな雰囲気・・・。



※ 1/16 記事追記

 ・実釣ではボツだったので、
桐電動 無改造パワーアップ計画 その9 ←に続く


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

左右のを1台で? オイラもやってみようかな(#^.^#) 圧着圧ですけど、オイラも使ってますけど重い錘使用時なんかは合わせた時逆転するので、オイラ少し強めに合わせています(#^.^#)
点検して貰ってから自宅に帰って少し強めに合わせております(#^.^#)  ふかせで捨て錘の長さもあるんでしょうけど、底で仕掛けに絡むのが嫌なので捨て錘12センチに合わせていますが、合わせるとどうしても捨て錘も上がるのでスリップして逆転・・・仕方がないんですかね?

捨て錘ですか・・・最近は全フカセをではなく捨て錘としてMサイズを仕掛けに直結し、仕掛けの中間にガン玉を挟む中フカセで使ってますが、合わせ時のスプール逆転は気にならないです。
魚のノリも問題ないですね。
たぶん、捨て錘として重い錘を使ってるかと思われますが、ある程度の逆転は仕方ないのでは?
ラインの結び目なんかに負担をかけない為にも多少は逆転した方が良いかも?
ちなみに、以前どなべが全フカセをやってた時は捨て糸20~30センチでした。
でも同じ様に仕掛けに捨て錘が絡まるのが嫌なので捨て錘をつなぐラインは水より比重の重いフロロを使いました。
フロロで特に問題は無かったですよ。

遅ればせながら、これでワカサギモードですね?^_^
シーズンオフから挑戦されてシーズン前に完成!流石です。
氷上が待ち遠しいですね。(^O^)/

ワカサギモード入りました。
2013シーズンまでは釣行毎の平均釣果を優先してきましたが、
2014シーズンは数狙いで行きます。
その為の施策がリールのパワーアップだったり、
魚探の精度向上及びポイントの新規開拓だったりします。
あとはその他小物類の施策を予定しています。
プロフィール

donabe

Author:donabe
ぷららBroachよりFC2へ引っ越してきました。

福島県福島市在住

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
本 (4)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR