EF35-135mm F4-5.6 USM

先日よりEOS 10QDを使い始めた どなべです。

この10QDはカビだらけのキットレンズ付で頂いてきたんですよね。
201405050009136e2.jpg

20140505000913935.jpg


そのカビだらけになったキットレンズが“EF35-135mm F4-5.6USM”

しかも、
201405050009132d5.jpg

落下によりズーム不能になった同型のジャンク品付きで・・・。

ズーム不能の個体は物理的に使えないが、
カビだらけのレンズは分解清掃すればなんとかなるかと思って、
20140505000913763.jpg

カニ目レンチの代わりに¥100均のピンセットを使って、
ズーム不能レンズの分解調査を開始!

フィルターねじ込み部のキャップを外すと、
2014050500091379a.jpg

20140505001012d67.jpg

前玉を押さえているネジが現れます。

このネジ部は長穴になってるので、
レンズのピント修正用になってるのかな?

次にネジ4本で止められたマウントを外すと基板が現れるので、
20140505001012959.jpg

フレキを断線させない様に基板を取り外し。

以後、適当に分解を進めると、
20140505001012541.jpg

絞りが組み込まれた中玉まで到達する事が出来ました。

これにてレンズのお勉強は終了。

次に、
20140505001012e19.jpg

カビだらけで部品が欠品してるレンズを分解清掃。

カビの除去が不能だった前玉や、
欠品している部位は先に分解したズーム不能レンズより移植。

これで、
20140505001012788.jpg

中玉に若干カビが残っているが、
なんとか使えそうなレンズが一本出来ました。

更に、
201405041702311c2.jpg

20140504170231a0c.jpg

EOS用視度補正レンズを10QDに取り付けて、
ピントを確認してみるとだいたいピントは合ってるかな?

なので、
IMG_3803R.jpg

IMG_3826R.jpg
EOS40D EF35-135mmF4-5.6USM

昨日、EOS40Dに本レンズを付けて、
友人一家と出掛けた山形のリナワールドにて試してみた。

やっぱり今時のレンズとは色合いや解像感が違うかな・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

清掃・・・

巧くいった様ですね(#^.^#)
オイラも50ミリF1.4のカビレンズ磨いてみた事あったんですけど、どうにもカビ痕取れませんでした(>_<)
リナワールドですか? オイラ既に用が無くなりました・・・で、銀色のおんちゃんは何者ですか~(*_*)
レンズなんとなくよさげですね(#^.^#)

ナイス!

もうやいちさん級ですね! e-451
あのピンセット見たいな器具?あれで何かが外れるんですね。カメラはまだまだ未知数ですね。

分解見てたら電動リール改造を思い出しました。水没リール改造・・・・、来シーズンまでには。 e-452

グレーマンは一体?

>清掃・・・

どちらのレンズも不燃物で捨てる予定だったんですが、
どうせ捨てるならと思い、
勉強の為に分解してみました。
しかし、前玉や中玉などレンズが二層になってる部分は清掃出来なかったです。

銀色のおんちゃんは、
回遊型パフォーマーの“un-pa”さんですね。

カビなら?

カビキラーが効果あるとか言ってますね。
オラは、無水エタノールで洗うように拭いて、マイクロクロスで拭きました。

しかし、電極が着いたレンズは・・・やりたくないですね v-411

>ナイス

本来はカニ目レンチという工具を使うらしいんですが、
お遊びのジャンク品に金をかけたくなかったので¥100均ピンセットで・・・。

グレーマンことun-paさんのパフォーマンスは面白かったです。
GWイベントということでリナワールドで呼んだみたいですが、
彼のパフォーマンスは回遊型なので、
園内を神出鬼没で現れては来場者を楽しませていました。

>カビなら?

カビキラーですか?
ネットなんかを見ると、
カビキラー,無水エタノール,ぬるま湯なんてのがありますね。
どなべは手持ちのフジ レンズクリーニングリキッドと同ペーパーを使いました。

電極付レンズもフレキの断線以外ならなんとかなりそうです。

No title

以前に落下して壊してしまったレンズをばらしてみましたが、結局組み立てられず捨ててしまいました。
よくこんな精密なのを分解出来ますね。特殊工具でもあるんですか?

>ちょいメタおじさん

レンズに限らず機械類の分解作業は、
組立る時の事を考慮して分解する必要がありますよ。
分解時は各工程毎に写真を撮るとか、
パーツを外す際は向きを間違わない様にマジックで罫書き線を入れるとか・・・。
特に前玉は回転する事でピント調整が出来る構造だったので、
念入りに罫書き線を入れました。

工具は¥100均のピンセットと精密ドライバーのみでOKでした。
プロフィール

donabe

Author:donabe
ぷららBroachよりFC2へ引っ越してきました。

福島県福島市在住

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
本 (4)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR